■CALENDAR■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前月 2019年11月 次月>>
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■LINK■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
■OTHER■
 

姫路城ツーリング
来年には城の絵が描かれた囲いが取り払われるそうなので、工事中の姫路城をひと目見ておこうと年末年始の帰省ついでに伊丹の実家から姫路城まで自転車で走ってみました。

事前に調べていたルートでは片道約80km、往復で160km。
しかもほとんどまっ平らと言うことは以前初100マイル(160km)を達成した三浦半島一周よりも楽だと見込んだ。


今回のルート 往路 復路

朝5時半に起きて準備をし始めるも全然外が明るくならないw
ようやく明るくなってきたので7時に出発するも、ヒートテック的な長袖に半袖ドライシャツを重ねてるだけでは寒くてやばそうなので2つ目の信号で早々にウィンドブレークベストを着用。
体があたたまるまでの最初の5kmはそんな状態でした。
5kmを過ぎると(手足とは別に)体は暑くなって来たので脱いでたけど。


さっくり神戸を過ぎたところで姫路まで50kmの青看板を見た時はちょっと怖気づいたw
というのも、なんか調子がいまいちなのか思いのほか脚が回らなくてスピードも乗らないもんで。

休憩っぽい休憩は1回コンビニでトイレ借りてついで買った暖かい「はちみつレモン」と持参してた「えいようかん」を食べただけで、5時間半ほどで姫路に到着。
あとはトップチューブに付けてるGoProのバッテリー交換での停車はあった。
途中加古川で2号線が上りと下りで道路が別れるところで青看板の「姫路」にしたがって海側のトラックがびゅんびゅん走る道に出ちゃって慌てて2号線に戻ったりしてたら予想よりちょっと時間と距離が掛かってしまった。



修復が終わったら上に乗せるのかな?
復元したらしい鯱があった。


フルアーマー姫路城


なんか今度の大河ドラマでやるみたいですね。(うちは地デジ化してなくてテレビが無い)
まだ準備中の施設がありました。

自転車乗ってるうちはいいんですけど、降りてうろちょろすると風が冷たくて城の門もくぐらずに目の前のお店で肉うどん食べて帰路に着きました。
帰りはずっとウィンドブレークベスト着用。
行きで調子が悪いと思ってたのはどうも向かい風だった模様で、帰りはえらく脚が軽かったです。
途中で痛くなった右膝も座る位置を少し後ろにしたら大丈夫になったし。


ちょうど中間地点になる明石海峡大橋のところで夕日が沈もうとしている!
トイレに寄ろうと思ったのにいつも使ってるところは施設が年末年始の休みで施錠されて使えず!
公園のトイレが使えて事なきを得たけどビビったぁw

あ、ちゃんとライトは持ってましたよ。予備電池も。
でも1対1時間しか持たない電池を朝消費するのが嫌で、出発は明るくなるのを待ってました。

そのあとしばらく走っててお腹空いたなぁって思ってたらなんか脂汗が出だして気持ち悪くなって路肩に止まって休憩。
寒くてドリンク全然飲んでなかったから血糖値が下がってたみたい?
自販機で暖かい「はちみつゆず」を飲んで「えいようかん」を食べてちょっとしたら持ち直した。
通勤は手袋2重にゴアテックスのシューズのこの格好で気温1桁も全然問題無いんだけど、ロングツーリングの場合はもっと水分取りやすいように温かい格好にすべきなのかも。

おまけにハーバーランドのところで雨に振られる。
これはちょっと高架下で雨宿りしてたら止んでくれて助かった。

そして帰ってみると平均時速15kmで11時間くらいかなぁって読み通り、休憩挟んで7時出発20時帰宅となりました。
走行距離は177.08km。
信号停車を除く走行時間は7:34。
信号停車を除く平均速度は23.3km/h
最高速度は49.7km/h

翌日というか明け方4時にトイレで目が覚めた時点で太ももは筋肉痛でしたw
さーて次の地元ツーリングはキャストオフした姫路城を見に行くか、
途中輪行してフェリー乗って淡路島一周をするか、
はたまた坂道に怯えながら城崎温泉一泊ツアーかw
| 日記 | 01:02 PM | comments (0) | trackback (0) |
コメントはありません。
| | URL | | | |











http://tenohira.jp/tb.php/533
トラックバックはありません。
| | |
PAGE TOP ↑